タイトル画像1
タイトル画像2

※お待たせ致しました。2017年4月25日より発売開始致しました。上記「製品お問い合わせ」ボタンからご用命ください。

実証試験に於いて、ご支援ご協力頂いた皆様に心より感謝申し上げます。
 〇介護付有料老人ホーム・ケアレジデンス水戸新館 様
  http://www.careresi.jp/mitoshinkan/
 〇社会福祉法人北養会・特別養護老人ホームもみじ館 様
  http://www.hokuyoukai.jp/momiji/
 〇医療法人社団北水会・北水会記念病院 様
  http://hokusuikai-kinen.jp/


新しい見守りのかたち、見守る人のセカンドアイ。

ペイシェントウォッチャーは、赤外線カメラで撮影した画像を瞬時に数値化して、見守り対象者の状況をお知らせする新しい見守りシステムです。

※本製品は、富士通株式会社から患者見守り技術に係る特許のライセンス許諾を受けて開発しております。

point
画像認識で対象者の状況を伝えるWEBサービス。

人にかわって見守ることで、より質の高い介護サービスへの可能性が生まれます。

サービス一覧
赤外線カメラをさりげなく、コンパクトに。
PW外観

電波が届くところならどこでも設置。

電源プラグを差し込むだけですぐに使えます。本体に通信機能がついているため、電波の届くところならどこでも設置できます。固定用のステー(補助金具)を使うため安全性も確か。設置は当社認定の工事業者が行い、検知レベルの調整、試運転まで行います。赤外線カメラは24時間撮影し、動きの差異を本体内のコンピュータが解析します。使用電力は最大でわずか19W。優れた電力効率で電気の消費を抑え、充分なパフォーマンスを継続的に発揮します。

必要な情報を効果的にリユース。
モニタ外観

蓄積した情報を、看護や介護に活かせます。

情報はクラウドのデータベースに蓄積され、必要に応じて引き出し、見守り対象者の活動のクセや状態変化を把握することで、より質の高い看護・介護が実現するとともに、看護者・介護者の負担も軽減されます。また、対象者の数日間の情報や就寝中のデータなど、必要に応じた活動記録をレポートとして出力することができます。

現状の環境に組み込めるシステム。
ナースコール接続

使い慣れたナースコールに可能性が広がります。

今お使いのほとんどのナースコールに接続することができます。ナースコールに接続することで、従来入居者様や患者様からのボタン操作で鳴っていたナースコールにペイシェントウォッチャーのお知らせが届くようになります。使い慣れたナースコールにお知らせを受け取ることで、入居者様や患者様からのボタン操作がなくても、危険を察知してより迅速な介助サービスを実施することができます。

USBにつないで手軽に録画
USB録画

録画した映像を、診断や看護や介護に活かせます。

ペイシェントウォッチャーにUSB記録メディアをつなげると、2TBのハードディスクであれば約3週間分を録画することができます。録画を再生することで入居者様や患者様のベッド周辺での様子や介助の様子などを検証することが可能となります。

※録画に関して、プライバシーの問題や画像情報の取り扱いはお客様の責任で実行してください。

製品仕様

型式 PW-R3L01(Wi-Fiモデル)
PWS-R3L01(通信端末モデル)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 19W(最大)
1か月の消費電力量 14kWh(目安)*1)
1か月の電気料金 380円(目安)*2)
動作環境 5℃〜40℃ 湿度80%以下(但し、結露しないこと)
外形寸法 直径250mm × 高さ75mm
質量 約840g
電源コード 2P・L型 4m(付属)
設置位置 ベッド頭部側中央、高さ約1.7m
設備オプション
  • 壁付けブラケットWF(標準)
  • 壁付けブラケットTILT(壁面に障害物がある場合)
  • 垂直型手すり(壁に直接取り付けられない場合)
対応ベッドサイズ シングルベッド
見守り範囲 ベッド周辺30cm程度

*1):1ヶ月30日で計算。 使用される環境によって変化します。
*2):27円/kWhで計算。電力会社や使用電力量により異なります。

性能と免責

設置条件 条件と性能
性能
設置条件1
設置条件2
ベッドと装置の位置

ベッドと本装置は左図の設置条件の範囲内で設置してください。また、本装置とベッドの間に視界を遮るものがあると検出精度が下がる場合があります。

見守りの有効性

自立行動ができず寝たきりで、常に介護が必要な人の動作検出*1)には向きません。

動きのない人に対するアラーム*2)は有効です。

自立行動ができて動作や行動に不安な人には動作検出とアラームともに有効です。

環境と検出精度

直射日光が直接ベッド近辺に差し込むと検出精度が下がる場合があります。

白熱電球等の赤外線を多く発する照明器具を使うと検出精度が下がる場合があります。

誤動作/検出漏れ

見守り対象者以外の人や複数の人がカメラに写ると間違ったお知らせをする場合があります。

寝ているときに頭が枕に近い位置にないと検出漏れや誤検出を起こす場合があります。

非常に速い動作に対しては検出漏れを起こす場合があります。

検出漏れ等により、お知らせに一連の一貫性がない場合があります。

インターネット通信環境 Wi-Fiモデル 通信端末モデル

Wi-Fi(無線LAN)環境が整っていて、取り付けたい場所に電波が十分に届くことが必要です。
Wi-Fiモデルの場合、事前に有料の電波調査が必要です。 調査結果によっては設置できないことがあります。

ソフトバンク(株)のサービスエリア内にあり、取り付けたい場所の通信状態が良好であることが必要です。

ソフトバンク(株)のサービスエリア内にあっても、室内や取付け場所の通信状況が悪い場合、販売店へご連絡頂ければソフトバンク(株)と電波状況の改善を進めます。
※電波対策機器設置環境等によっては、必ずしも電波状況の改善、安定した通信を保証するものではありません。

検出率

理想的な条件下であれば、起床と離床に関しては90%以上の検出が可能です。
ただし、入床と就床に関してはこの限りではありません。

*1) 動作検出の動作とは「入床」「就床」「起床」「離床」の事です。
*2) アラームとは動作に関係なく発する「不動(動かない)」等のお知らせです。

免責

本装置は見守り対象者様の動きや変化をお知らせすることで介護の軽減を図る目的のものであり、利用者様がそのお知らせに気づかなかったり対処されなかった場合に発生する事件事故に責任を負うものではありません。
また、インターネット通信状況や設置環境その他の原因で、お知らせが漏れたり誤ったお知らせをする場合があり、そのことで発生する事件事故に対しても責任を負うものではありません。

ナースコール接続

ペイシェントウォッチャー本体にあるナースコール専用ポート(NC)から、当社製接続ケーブルを使って下記のナースコールシステムに接続することができます。ナースコールにお知らせできる項目は「起床」「離床」で、ペイシェントウォッチャーの「お知らせ設定」Web画面から選択することができます。

メーカー名 製品名 必要機器
メーカー接続機器 当社製接続ケーブル
接続可能ナースコール ケアコム
  • NICSS-R8
  • NICSS-R5
  • NICSS-R3
  • CICSS-R5
  • CICSS-R3
  • BB-301WZ-2P/W6P-NC
  • BB-301WZ-2P/W6P-OP1

*どちらも使用可能です。

*ご購入及び詳細についてはナースコール設置会社様にご相談ください。

ケアコム様ケーブル
  • PW-CNC300(3m)
アイホン
  • Vi-nurse
  • オプション入力コード
    NLR-CA-OPA
  • オプション入力コンセント
    NLR-OPA

*ご購入及び詳細についてはナースコール設置会社様にご相談ください。

アイホン様ケーブル
  • PW-INC300(3m)

マイ・ナースコール
パナソニック製にぎり押し釦スイッチ(WTF4409W)と
当社製接続ケーブル(PW-MNC200(2m))を
ナースコール専用ポート(NC)に接続すると
対象者様のコールをスマホにお知らせすることができます。
アイホン様ケーブル
アイホン様ケーブル
WTF4409W(2m)


PW-MNC200(2m)

録画

ペイシェントウォッチャーは、1秒間に数枚の画像を撮影し画像解析を行っています。解析に使用した画像はシステム上に長時間保存されることはなく順次削除されますが、お客様ご自身がペイシェントウォッチャー本体の録画専用ポートにUSB記録メディアを接続することで、画像を記録メディアに保存することができます。

ただし、プライバシーの保護やUSB記録メディアおよび画像ファイルの取り扱いに関してはお客様の責任のもと実施してください。それらに関して当社は一切責任を負うものではありません。

また、ペイシェントウォッチャーへのUSB記録メディア接続は下記手順を遵守して頂くようお願い致します。USB記録メディア接続によるペイシェントウォッチャー本体およびUSB記録メディアの故障に関しては、当社では保証致しませんので十分ご注意ください。

【USB記録メディア接続手順】

  1. ペイシェントウォッチャーの電源を切りにして下さい。
  2. USB記録メディアをペイシェントウォッチャーに接続して下さい。
  3. USBハードディスクであれば電源を入りにして下さい。
  4. ペイシェントウォッチャーの電源を入りにして下さい。

【USB記録メディア取外し手順】

  1. ペイシェントウォッチャーの電源を切りにして下さい。
  2. USBハードディスクの場合は電源を切りにして下さい。
  3. ペイシェントウォッチャーからUSB記録メディアを取外して下さい。
  4. ペイシェントウォッチャーの電源を入りにして下さい。

【画像の表示方法】

画像は取外したUSB記録メディア内のPWというフォルダに格納されています。
PCのUSBポートに接続してフォルダを開いて表示することができます。
複数の画像を次々に表示して動画のように再現するアプリケーション等のご利用をお勧めします。

USB記録メディアの容量と録画時間の参考値

USB記録メディアの容量 録画時間
128GB 約7.1日(169.2時間)
250GB 約14.1日(338.4時間)
500GB 約28.3日(678.0時間)
1TB 約56.5日(1356.0時間)
2TB 約113.0日(2712.0時間)

*録画時間は、1枚の画像を100kBとして計算したものであり精緻な時間ではありません。
*USB記録メディアの容量は2TBより大きいものには対応しておりません。
*使用するUSB記録メディアはあらかじめNTFSフォーマットされていなければなりません。
*USBハードディスクをご使用の際はセルフパワータイプをご使用ください。
*USB記録メディアの書き込み速度が遅い場合は録画できない場合があります。

24時間表示装置

Web画面による大切な情報を24時間絶え間なく表示し続けることは、一般的なコンピュータには困難です。
当社製Web表示装置~リンクスターター~はHDMI入力端子を持つテレビなどにWebページを表示する装置です。
これを大小様々なテレビに接続することで、ペイシェントウォッチャーのお知らせを表示することができます。

品名 製品イメージ 製品仕様
リンクスターター リンクスターター 型式 LST-R3L01(Wi-Fiモデル)
LSTS-R3L01(通信端末モデル)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 12.5W
1か月の消費電力量 9kW(目安)
1か月の電気料金 245円(目安)
動作環境 5℃〜40℃ 湿度80%以下(但し、結露しないこと)
外形寸法 縦62mm×横210mm×高さ30.5mm
質量 200g
電源アダプター ACアダプター
映像接続コード タイプAのHDMIケーブル
画面名称 表示機能
お知らせできる画面 リスト画面 随時発生するお知らせを行単位に時系列順で表示します。
パネル画面 最新のお知らせを画像付きで対象者様毎にパネル形式で表示します。
.
コンテンツフッタ